Search
SEARCH
confirm
cancel
/
/
Phosphating treatment of galvanized wire rope

業界ニュース

業界ニュース

お問い合わせ

Please contact us through the following contact information.

郵便:

yunfeng@coatedsteelwirerope.com

 

WhatsAPP: 

86+15995333133

 

WeChat & Cellphone: 

86+13812159799

 

住所:

中国江蘇省江陰市山関町成山路695号

その他のニュース

ガルファンワイヤーロープ材の引張強度は38kg / m2以上で、鋼線の直径は2.0〜4.0mmに達することがあります。 ガルファンワイヤーロープ材料の表面は、通常、溶融亜鉛めっきによって保護されています。 亜鉛メッキ保護層の厚さは、お客様の要件に応じて作成できます。 、最大亜鉛メッキ容量は300g / m2に達することができます。
ガルファンワイヤーロープ製品は一種の合金金属コーティングであり、これも新しい国際的な材料です。 5%または10%のアルミニウム-亜鉛合金と少量の希土類元素でできています。 ガルファンワイヤーロープ製品は、亜鉛-アルミニウム合金とも呼ばれます。 ワイヤーロープは、優れた表面処理効果、優れた加工性能、鉛真鍮に近い冷間加工性能、費用対効果の高い、環境に優しい材料を備えており、さまざまな国の環境保護要件の高品質特性に簡単に対応します。
1.新しいカスタマイズされたガルファンワイヤーロープを高速で高負荷で直接使用することは固く禁じられています。新しいカスタマイズされたガルファンワイヤーロープを高速で高負荷で直接使用するのではなく、低速および中負荷の条件下で使用してください。 新しいロープを使用状態に適合させるために一定期間次に、カスタマイズされたガルファンワイヤーロープの走行速度を徐々に上げ、持ち上げ荷重を増やします。つまり、新しいワイヤーロープは最初の慣らし運転段階を経る必要があります。 高速で頑丈な操作の前に。
伸線は、亜鉛メッキ鋼線ロープの製造工程で経験した操作リンクです。 絵を描くとき、スタッフはどのような問題に注意を払うべきですか?
マンガンベースのリン酸化耐摩耗性コーティングされたワイヤーロープとしても知られているリン酸化コーティングされたワイヤーロープの特許技術は、リン酸化鋼線ロープと呼ばれ、ロープ製造鋼線をリン酸化し、リン酸化フィルムは鋼線の表面をより多くします 耐摩耗性があり、防食性が向上します。 リン酸化フィルムの多孔質構造は、ロープ製造鋼線の表面に蓄積されるグリースの量を増やし、摩擦係数を減らし、滑りを促進し、鋼線の表面でのフレッチング損傷の発生を遅らせ、開始を阻害することができます 疲労マイクロクラックの、そしてコーティングされたワイヤーロープの寿命の使用を大幅に延長します。
今日、科学技術の開発はますます進んでおり、Slings&cableアセンブルはますます便利になっています。 しかし、吊り上げ事故は引き続き発生しています。 調査によると、事故のほとんどは、オペレーターによるスリングとケーブルの組み立ての検査と不適切な使用が原因であることがわかっています。 規範によって引き起こされます。 この点で、Slings&cableアセンブルの使用に関連するいくつかの問題を特別に整理しました。

Phosphating treatment of galvanized wire rope

[Краткое описание]The consequences of a galvanized wire rope's sudden breaking can range from physical damage to human injury. The extension of the service life of galvanized wire rope means the improvement of safety, reliability and economy.

Phosphating treatment of galvanized wire rope

[Краткое описание]The consequences of a galvanized wire rope's sudden breaking can range from physical damage to human injury. The extension of the service life of galvanized wire rope means the improvement of safety, reliability and economy.

Подробности

The consequences of a galvanized wire rope's sudden breaking can range from physical damage to human injury. The extension of the service life of galvanized wire rope means the improvement of safety, reliability and economy. Phosphating is a good treatment technology to increase the life of galvanized wire rope, that is, a layer of phosphating film is formed on the surface of galvanized wire rope. The porous structure of the phosphating film can increase the storage capacity of grease on the surface of the rope making wire and reduce The friction factor promotes sliding, delays the occurrence of fretting damage on the surface of the steel wire, inhibits the initiation of fatigue microcracks, and greatly extends the service life of the galvanized wire rope.

galvanized wire rope
    At present, phosphating treatment is widely used in friction fields such as automobiles, light industry, chemicals, electrical appliances, and national defense.
    Metal phosphating can be divided into alkali metal phosphating, iron-based phosphating, zinc-based phosphating, manganese-based phosphating, zinc-calcium phosphating, zinc-manganese phosphating, and organic phosphating according to the composition of the phosphating solution. Phosphating galvanized wire rope The main function of the phosphating film of the rope-making steel wire is to improve the wear resistance and corrosion resistance of the steel wire surface, increase the storage capacity of the grease on the surface of the steel wire, and work together with the coated grease to reduce the friction factor Therefore, manganese-based phosphating is preferred, followed by zinc-manganese-based phosphating. At the same time, the phosphating speed is required to be fast, so as to have sufficient production scale in the production of small diameter rope steel wires. In addition, high-temperature phosphating and high-current electrolytic phosphating per unit area can be used to increase the phosphating speed. Shorten the reaction time.
    Some materials of the steel wire will be dissolved during the phosphating process. The weight of the phosphating film is 3-15g/m2, and the diameter of the steel wire after phosphating is almost unchanged; when the weight of the phosphating film exceeds 20g/m2, the diameter of the steel wire increases. It is also very limited, and the mechanical properties of the steel wire have no obvious changes before and after phosphating. The film weight of the phosphating film can be tested according to the corresponding standard gravimetric method for measuring the film mass per unit area of ​​the conversion film on the metal material. For the twisted phosphate galvanized steel wire rope product, the weight of the phosphate coating film of the steel wire rope can be inspected by splitting the strands, and the grease coated on the surface of the galvanized wire rope can be thoroughly cleaned with an organic solvent. After air drying, the phosphorus can be determined according to the above gravimetric method. The weight of the film is sufficient.
After the galvanized wire rope is phosphated, phosphate wastewater will generally be produced. Therefore, the original wastewater treatment system must be expanded at the same time as the phosphate galvanized wire rope production line is installed. After treatment, part of the wastewater can be reused; part of the treated wastewater that meets the relevant requirements of the standard can be directly discharged.

Key words:

Для просмотра сканируйте QR-код с помощью мобильного телефона

お問い合わせ

留言应用名称:
お客様からのメッセージ
描述:
验证码

QRコード

website

お問い合わせ

郵便: yunfeng@coatedwirerope.com

          yunfeng@coatedsteelwirerope.com

WhatsAPP: 86+15995333133

WeChat: 86+13812159799

電話: 86+13812159799

住所: 中国江蘇省江陰市山関町成山路695号

サイト案内

お客様からのメッセージ
ewm

Copyright © 2021 江陰雲峰スチールローププロダクツ株式会社     Power by 300.cn    苏ICP备17002475号-1